2009年05月17日

プリズン・ブレイク #4.22 - Killing Your Number

シーズン4 第22話「決着!」

救出したサラを乗せて車を走らせるマイケルに、クリスティナのアジトにいるマホーンから電話が。作戦に問題があったのかとマイケルが尋ねると、"スキュラ"が爆発しないとマホーンは答える。そう、マホーンはマイケルを裏切ったわけではなかった。"スキュラ"には、マイケルによって爆薬が仕掛けられ、コンピューターに繋げられると時限スイッチが入るはずだった。手動で起爆させるしか方法はないとマホーンが知った時、隣室で"スキュラ"から情報を取り出そうとしていたクリスティナが異常に気づく。偽物だと言われたマホーンが調べる振りをして起爆スイッチを入れると、やがて"スキュラ"は爆発。クリスティナがそれに巻き込まれた隙に、マホーンはリンカーンを連れてアジトから脱出する...。

マホーンと合流し、リンカーンを隠れ家に連れ帰ったマイケルとサラ。マイケルは、もう誰にも悪用されぬよう"スキュラ"を破壊しようと提案する。皆がそれに賛成したところに、謎の人物からの電話がかかる。その相手は、かつてカンパニーの手先であり、死んだはずのケラーマンだった。しかし、ケラーマンは、今やマイケルの亡き父アルドと同じく、カンパニーを潰す目的で動いていると言う。そして、"スキュラ"を渡して欲しいと言うのだが...。

サラに逃げられたことで、クランツ将軍の怒りに触れてしまったティーバッグ。処刑されそうになったところに、ちょうどスクレから電話がかかった。スクレを利用してマイケルたちを探し出そうと閃き、うまく言いくるめて直接会う約束を取りつける。必ずマイケルたちを見つけると、クランツに命乞いをして猶予を貰ったティーバッグだが、スクレとシーノートに捕まってしまい、ケラーマンに協力する二人から、逆にクランツの居場所を教えろと拷問される...。

容態が悪化したリンカーンを救うため、医薬品を調達しに病院に潜り込むサラとマホーン。しかし、そこは偶然にもドンが入院している病院だった。運悪くフランコ捜査官に見つかったマホーンは逮捕されるが、サラは病院を抜け出し、駐車場で待つマイケルとリンカーンの車へ。だが、今度はそこをクランツの部下に襲われ、マイケルたちはクランツの元へ連れ戻される。"スキュラ"はもう無いと告げると、クランツは新たな人質がいると言い、テレビをつける。そこに映し出されたのは、リンカーンがパナマに残してきた恋人のソフィアだった。"スキュラ"を渡さねば、ソフィアの命は無い。そう脅すクランツだったが、そこに突入してきたスクレとシーノートがクランツの部下を片付けて、形勢は逆転。ソフィアが無事に解放されたのを確認すると、マイケルはクランツに銃口を向けた...。

マイケルたちがホテルから出ようとすると、すでに警察が迫っていた。スクレは囮となって皆を逃がし、その場で逮捕されてしまう。ケラーマンに渡すため、隠してある"スキュラ"を取りに隠れ家に戻ったマイケルたちを、奇跡的に生き延びていたクリスティナが襲撃。皆が外に逃げたあと、マイケルとクリスティナは、二人きりで決着の時を迎える...。

* * *

まだ続きはありますが、シリーズ・フィナーレなので、あえていつもより早めに切り上げます。途中で打ち切りになったドラマではないので、ちゃんとした結末はあります。ただし、エピローグは、その結末から突然4年後に飛びます。登場人物が、それぞれどうなったのかが描かれており、ハッピーエンドを迎えた者、刑務所に送られた者、出世した者、そして亡くなった者も...。テレビ・シリーズは今回で終わりですが、この空白の4年間に何があったのかを描く特別編『Prison Break: The Final Break』がありますので、まだ本当に終わったわけではありません。

Prison Break: The Final Break
Prison Break: The Final Break
アメリカ盤DVD

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ << ランクアップにご協力お願いします

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX2
プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX2 (初回生産限定版)
第12話〜22話

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン ブルーレイBOX [Blu-ray]
プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン ブルーレイBOX [Blu-ray]
第1話〜22話
posted by キント at 00:13 | Comment(7) | TrackBack(0) | シーズン4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも見てます。
DVDでしか見ないので、続きが気になって仕方ありません(笑)
DVD出るのが楽しみです。
Posted by シン at 2009年05月17日 08:48
特別編はアメリカ版だけではなく日本版は発売されますか?
Posted by すくれ at 2009年05月18日 00:19
いつも楽しみに読ませて頂いてます。こちらで、プリズンブレイク4のあらすじを読ませて頂いたのですが、同じ内容で書かれたブログがありました。ブログ名(プリズンブレイクファンブログ)このブログもあなたのブログですか?
Posted by シエラ at 2009年05月18日 05:35
いつもありがとうございます。でもまだ全部読んでません↓↓。
もうすぐ日本でも発売になるので、観てから拝見します。
でもでもやっぱ気になる〜今回で本当におしまいなんですね。
キントさんの文章は読みやすくて見落とした所やトリビアが楽しみです。
また面白そうな作品があればアップしてくださいね。
これからもお邪魔しますので頑張って続けて下さい。
Posted by kiki at 2009年05月20日 11:25
はじめまして、、、
遅ればせながら、最終回見終えました
シーズン通して見てやはり後期の
ソナ〜カンパニーそして、陳腐なスキュラ路線は結果的に、本来のシナリオの良さを崩してしまった感が否めませんが、、、しかしひねり具合は一貫してあったので決してつまんない三流には成り下がらず終わったのではと思います。
ただ、(ネタばれ注意!)最終回の2人の海岸シーンで
兆候があった時点で死の結末が読み取れてしまいました
個人的には皆と同じように同窓会的な集まりが続く様なエンドのほうが大団円の様な感がありますが、、、
何はともあれおもしろかったです
Posted by まいこー at 2009年05月23日 23:54
マイケルの結末教えてください!どうにもこうにも気になります!
まだ放送があるのですか?
サラの赤ちゃんは無事に生まれたんですか!?
知りたい!
Posted by リンゴ at 2009年05月31日 20:08
みなさん、ありがとうございます。
返事が遅れた上に、まとめレスですみませんです。

>シンさん、kikiさん、まいこーさん
いやぁー、ついにシリーズ・フィナーレを迎えてしまいましたね。途中グダグダだったり、悪い母ちゃん設定が強引だったりしましたが、毎回楽しませてくれた面白いドラマでした。

>すくれさん
で、その特別編『The Final Break』ですが、日本版も当然出ると思いますよ。アメリカのように単品販売になるのか、それともシーズン4後半のBOXに含まれるのか...僕は関係者じゃないので分かりませんけど。

>シエラさん
あれ、ここがプリズン・ブレイク ファンブログなんですけど...。

>リンゴさん
うぅ、それは...ラストシーンのネタバレになるので、書けません。まぁ、すでに他所のブログやニュースなどで、もうご存知かも知れませんが。

今まで当ブログをご覧下さった皆さま、ありがとうございました。以前にも書いたことがあるのですが、あらすじ紹介でネタバレしないように書いていたのに、コメントでバレてしまうということもありますので、今回でコメント受付は終了とさせて頂きます。

次回の更新は『Prison Break: The Final Break』を観てからになります。宜しければ、また覗きに来てみて下さい。ではまた〜。
Posted by キント at 2009年05月31日 23:17

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。